IoTのエッジノードを標準化

IoT環境の実現にはクラウドとエッジノードの連携が不可欠です。

  • クラウド
    ネットワーク環境に実現される高性能な計算リソース
  • エッジノード
    現実世界の情報をクラウドへ取り込むための情報収集デバイス(センサーなど)
    クラウドで実現する複雑な処理の結果を現実世界に投影(アクチュエーターなど)

IoT環境は多くの機器が接続されて実現されるので、エッジノードを非常に軽い機能として実現することで、IoTのコスト削減、環境負荷の軽減を実現します。
当研究所は、エッジノードとクラウドを、低電力環境で接続するための6LoWPANプロトコルの実装もてがけ、標準パッケージとして提供しています(同採用事例はこちらから)。

また、トロンフォーラムと協力して、エッジノードのハードウェア(IoT-Engine)と基本ソフトウェア(μT-Kernel)を標準化することで、効率的にIoTを実現するための環境作りに取り組んでいます。