ご挨拶

坂村 健
YRPユビキタス・ネットワーキング研究所 所長

YRPユビキタス・ネットワーキング研究所は過去にはユビキタス・コンピューティング、現在ではIoTと呼ばれている研究分野におけるパイオニアです。

当研究所は産学共同研究により当該分野の研究を推し進めるために、2002年に設立されました。ご存じのように横須賀テレコムリサーチパークはわが国における情報通信分野を先導する企業群の研究所が多く立地している場所です。YRPユビキタス・ネットワーキング研究所は中心となる横須賀テレコムリサーチパークが直営で運営する研究所として位置付けられています。

この研究所での研究グループは大きく分類すると三つあります。ひとつはユビキタス・コンピューティングの全体のアーキテクチャを統括するaggregate computingグループ。特にエッジノード、世界に誇るTRONアーキテクチャの研究開発を推し進めるためのエッジノード研究グループ。そしてそれらを利用した応用研究を推し進める応用研究グループです。

当研究所はこの分野に対しての世界的な研究協力を進めるための要ともなっており、2016年7月からEUとのスマートシティにおける共同研究の日本代表機関としても活躍しました。この研究所から出されている成果としてひとつには国際標準貢献があります。例えばTRONリアルタイムOS仕様がIEEEの2050-2018という国際標準のOSに採用されたり、ucodeがITU-T(国際電気通信連合、電気通信標準化部門)において国際標準規格の基礎として採用されたりしています。

またこういう基礎的なアーキテクチャとそれに付随する技術を使った色々な応用研究活動にも当研究所は貢献しています。基本的な研究成果の多くは学術的な論文にしたり、オープンアーキテクチャの思想からソースコードを一般に公開したりするなど、研究成果の普及にも努力しています。

2019年11月8日
坂村 健